2021-01-26

【七五三撮影】家族と地域の繋がり。7歳の七五三@栃木

こんにちは。
今回は7歳の七五三の様子をご紹介します。

朝9時半、美容室で髪をセットするところからスタート。
前日に巻いて癖をつけていたとのことで、予定よりも早く髪の準備が整いました。

自分で選んだ着物に着替えます。どんなふうになるかワクワク。

色も柄もとっても素敵!

着付けでフラフラしない様に足を踏ん張って耐える。
こういうシーンいいなあ。

扇子の持ち方も美容師さんに教わってバッチリ。

口紅を塗って大人っぽい雰囲気に◎

美容師のおばあちゃんに途中まで付き添ってもらい、歩いて参拝に。

地域との関わりがとても深いご家族で、たくさんの方々に見てもらいに行きました!まずはマーラーズパーラーさん。

途中でバッタリ遭遇したデザイナーの鶴見さん

喫茶八蔵ファミリー。

ここで七五三の必須アイテム、千歳飴を購入。

大銀杏も見ごろを迎え絶好の七五三日和。

お父さんとおじいちゃん、おばあちゃんと合流しいざ参拝へ。

紅葉が見頃で境内はたくさんの人で賑わっておりました。

おじいちゃんと手を繋いでイチョウの道を進む。

籠やさんにも突撃訪問。

着物を借りたうさぎやさんにも見てもらいに行きました。
着物の色合いが似てて姉妹みたい!

髪結いと着付けをしてくれた美容師さんとも記念撮影。

最後にふくやさんに行って3時間の撮影終了となりました。

今回の撮影で強く感じたのは地域との繋がりでした。
「こんなに大きくなったよ」と見せる人がたくさんいるってとても幸せなことだと思います。祖父母や親戚に見せることはあっても、近所の人に見てもらうほど親しくないというご家族は多いのではないでしょうか。

ご家族が築いてきた地域との関係性が現れている様で、とても温かな気持ちになりました。

一つ一つのご家族の物語を通して、私も成長させていただいている。
とてもありがたいです。

関連記事